MENU

ぐっすり眠るためにメラトニンのサプリメントを利用する時には

眠りにくくなったり、朝早いうちに目が覚めてしまう場合、メラトニンが不足しているという可能性があります。メラトニンは、眠りにつきやすくするホルモン物質であり、寝つきの良さと密接に関わっています。ぐっすりと眠れるようになるには、メラトニンがしっかり分泌されることが、ポイントになります。

 

通常の規則正しい生活をしている方であれば、夜になると自然に分泌されるため、自分の意志とは関係なく眠くなってきます。とはいえ、きちんとした生活を望んでいるにもかかわらず、仕事や家事で寝る時間がずれこむことがあります。眠りにつく時間が定まっていないと、メラトニンも分泌されづらくなって、いざ眠ろうと思った時に眠れなくなってしまいます。

 

サプリメントでメラトニンを体内に取り入れるという方法はありますが、現在のところ、日本国内ではメラトニンサプリメントの製造、販売は認められていません。そのため、脳内でメラトニンの生成を促すための、メラトニン以外の物質を摂取するという方法になってしまいます。

 

トリプトファンという必須アミノ酸を摂取すると、脳内でセロトニンホルモンが増加し、それによってメラトニンが分泌されやすくなるといいます。つまりトリプトファンを含むサプリメントを摂取することで、結果的に安眠を手に入れることができるというわけなのです。

 

体調が良くないけれど、病院に行く時間的な余裕がないという人や、病院で治療するほどでばないという時には、サプリメントが重宝します。メラトニンのサプリメントを摂取するだけでなく、トリプトファンやセロトニンのサプリメントも、眠りやすくする効果が期待できます。

 

睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンを含むサプリメントについて

年齢を重ねるにつれて体内のメラトニンは少なくなり、年をとると最も多かった時の20%くらいになってしまいます。

 

年をとると眠りにつきづらくなったり、早い時間に起きてしまうのは、メラトニンが少なくなっているためです。

 

加齢を食い止めることはできませんから、メラトニンが減ってしまうこと自体はやむをえないこともあります。
十分に睡眠をとることで、心身の健康を確立することができます。

 

それだけでなく、若返り作用や、病気に対する免疫力などをつけることも可能です。

 

サプリメントを使ってメラニンを補給し、上質な睡眠をとれる体質になりたいと考えている人が多いようです。メラトニンが配合されたサプリメントがあることにはあるのですが、日本での販売は禁止されています。日本国内でメラトニンを扱うことが禁じられている理由は、メラトニンには副作用が起きることがあるためです。

 

脳内ホルモンの一種であるメラトニンは、脳に及ぼす影響がまだ完全には解明されてなく、副作用の危険性もあることから、日本では売ってはいけない成分です。しかし、海外のサプリメントの販売会社を利用することで、メラトニンのサプリメントを個人輸入という方法で手に入れることが可能になります。

 

健康維持のために気軽にサプリメントを使う海外の人達もいますが、サプリメントは必要な分だけに留めましょう。メラトニンの、体に及ぼす影響について考えると、妊娠する可能性がある女性は使わないほうがいいともいいます。メラトニンのサプリメントを飲むのであれば、自分の体に影響することや副作用についてしっかり理解したうえで利用するようにしましょう。

 

女性にとって質のいい睡眠は非常に重要なポイントになってくるでしょう。
バストアップもそうですし美肌を高めることもできます。
シンデレラアップと呼ばれるサプリを飲み続けながらいい睡眠を意識してみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ